Letters from Melodies
(SMF.jk-024)


Store Info.
Coming Soon.


  1. Piano and Orchestra
    主たる旋律はいつの頃からか断片的な記憶の中にあり
    一度昨年の日記で形にしたものをピアノと弦楽オーケストラ風に
    ピアノも弦楽の各パートも思い想いの旋律を自由に奏でて
    幾重にも重なるようにしています

  2. Chamber Orchestra – Lullaby –
    この旋律も何年も前から断片が記憶の中にあったもの
    眠って見る夢は中々同じ形でもう一度見れないもので
    そんな感覚を曲にしました

  3. Vocal and Orchestra – 愛に出逢うその日まで – (vocal: Tsunako)
    これも中間部の主たる旋律は何年も前に出来ていたもの
    作曲を初めて間もない頃の断片
    中では一番古いものになります
    ピアノソロやバンドスタイルなど様々なアレンジを経てきましたが
    今回はオーケストラと女声ボーカルのアレンジ版としました

    このアルバムは
    この旋律のために在ります
    普段は詞に依らない作法でのみ曲を書き
    その代わりに音だけで言葉が持つ色の程を担いたいと思いました
    これまでに私は幾つもの音の形を
    この旋律に対して見たつもりなので
    今回は詞の色を添えてみました


愛に出逢うその日まで
lyric: Poéto Lirikisto / music: Nūmâtcḩ

暖かな部屋で ほほえみ並べて
微かに近づく 光

きみの笑い声が 呼び寄せた
ぼくの泣き声は 夢を見ていた

星の瞬きの中で
きみの笑顔とか 素晴らしい日々とか
夢を描いて眠るの
夜空の光に 願いを込めるのは きっと
みんながいる未来

雨を降らす空 冷たい指先
なぞっているのは 痛み

ぼくの笑い声は 遠ざかり
昔の言葉を 思い出してる

夜空に夢を描いて
迷ってるきみが 悲しみを越えて
愛に出逢うその日まで
さよなら するけど
きみの中でぼくは ずっと
眠り続けている

いつか名前が呼ばれて
両手を広げて 遠くで待ってて
みんながいる未来へと
ぼくらは駆けてく
そんな日を待ってる

愛に出逢うその日まで
夢を描いてる いつも夢見てる
きみの両手にしあわせ
ぼくらは 待ってる
いつかめぐり逢うきみと
みんながいる未来

ぼくらがいる未来

Composer Hiroki Ohnuma
Year/Date of Composition 2019
First Performance N/A
Average Duration 19 minutes
Piece Style Classical Crossover
Instrumentation Piano, Orchestra, Female Vocal