One

 ここ数年定着してきた言葉の表現で「虹の橋を渡る」という言葉があります。愛犬家を始め、掛け替えのない家族との最後の別れのことを、このように表現するんですね。アメリカの愛犬家が書いた詩が元になっていると言われています。その詩の中では、愛犬は虹の橋を渡っておらず、時が来るまで「虹の橋の元で待っている」そうですが。
 私も子供の頃の殆どを共にしてきた家族が、「虹の橋の元へ向かった日」がありました。言葉で意思疎通を図る仲間ではありませんから、殆どが人間側の想像でしか事は語れません。多くの後悔もあれば、感謝の気持ちも同時に残るわけです。
 基本となるメロディーは、これまで共に過ごしてきた時間を、昔話として共に語るつもりで書きました。中間の展開部は、ライブの数だけアドリブによって変化します。私自身が演奏するときは、大体その日の出来事を報告する気持ちで変化しています。
 「One」とは「唯一無二の存在」と「ワン!」の意味を兼ねています。よってその家族とは「犬」です。


Composer Jaikki-Rocky
Movements

1 Movement

Year/Date of Composition 2011.04.18
Average Duration 4 minutes
Piece Style Midium Ballade
Instrumentation Original; 2 Guitars