家の男

ぶったまげた
彼は
ヒロシの行動は自分も共有すべきと思っている
そんなことだから 自分の世代で失敗するんですよ
家の男って言うのは 自分の世代から逃げてます
ああ あの臭いが 原因なんでしょうね
お婆さんは言います
「もう彼にお菓子を差し上げる事は無いわ」