いろんな”悲しい気持ち”を通り越した先にある風景
本当に悲しい時は涙が出ないと言うけれど
涙は凍ったまま
流れず心に留まっている

1.Blue Sun
夏の日差しは、それを見るものの心によって、時には冷たい光に感じる。
雲ひとつない晴天。それは一切淀みのない心に自然と溶ける。

2.Frozen Tears
心を空(くう)にして。哀しみは背中から体力を奪う。
優しい水平線のなかに、包まれるのがいい。

3.Bell On The Retina
聞こえなかったものが、見えてくる時がある。

4.Muddy Stream
濁流に身を預け大海原へ。
そこに新しい日々があるかも知れない。

5.Exhalation
身を貫く温もりを、余すこと無く時間を掛けて細胞に浸透させる。
許させる最大音量は呼吸だけ。

6.Doze
風に包まれて、自分の髪が靡く音を聴く。
時間は風に飛ばされてゆく。

7.Cry no answer
答えのない哀しみも、人は何故か忘れることが出来る。
忘れることが出来るのが、素晴らしいことだ。

8.Delirium
生きた日々を誰もが忘れない。
それが永遠の命。