世の中の仕返し

石が転がっている 
 
それを右手で拾い上げた瞬間 
左腕が吹き飛ばされた 
後ろから腕を飛ばして行った車は 
気が狂ったように走り去った 
その後を前のめりになってもう一台の車が追う 
連れていた犬も車を追って走り去っていった 
少しして帰ってきたら 
その口には飛ばされた僕の腕がくわえられていた 
 
そして右手で握っていたはずの石は 
どこかになくなっていた 
 
左腕の無い一日目を迎えた 
体が軽くなったので 
今日はスキップで犬の散歩をした 
また昨日の場所に石が落ちていた 
拾い上げた瞬間に車が走り去った 
だけど腕は既に無いのでぶつかりはしなかった 
するとどこからか別の石を当てられた 
頭から血を流しながら家に帰った 
 
左腕の無い二日目を迎えた 
昨日の道は通りたくなかったが 
犬が勝手に行ってしまったので 
今日も同じ道を歩いた 
腕が飛ばされた場所の手前で 
犬がフンをした 
それを処理する僕の後ろを 
気が狂ったように車が走っていった 
その後を前のめりになってもう一台の車が追う 
 
犬のフンの処理が終わったと同時に 
ものすごい爆音がした 
さっきの車がひっくり返って爆発していた 
運転席からは頭から血を流した男が 
腹を捩らせて死んでいた 
後を追っていた車から人が降りてきて 
燃える車の前で喜びの唄を歌っていた 
歌っている男の手には昨日の石が握られていた 
 
気になったので 
その石を左手で取り返した 
 
次の日 
また同じ道を通った 
一台の車がゆっくり走っていった 
右をみてみると 
男がしゃがんでいて 
ニッコリとこちらに微笑みかけていた 
 
炭になった昨日の燃えた車と人を 
喜びの唄を歌いながら 
誰かが踏み潰していた 
 
僕は左手で 
彼に手を振った