シマリス

先日 何もやる気を起こさないシマリスが
僕にテレパシーしてきた際に
お前には沢山プラスチックがあるといっていました
僕はシマリスが こんなに失礼な事を言うやつだとは

まあ正直言うと 思っていましたがね

何せこのシマリスは
自分で海辺に文明を築き上げると言ったくせに
たまに帰省をした後海辺に戻ると
頬袋に溜めていた穀物を咽喉に痞える始末ですし
未だに シマリスの父親から乳離れしていないんです
このシマリスは生態もおかしいので
このようなことが起きるのですが
母親の事は完全に見下していますし
要するに このシマリスは
世界一甘いバターを舐めて生活してきたのです

そんなことをしていたので
シマリスは誰にでも可愛がって貰えるように
シマリスのくせに虎のように豆を潰しますし
化粧品の研究等をするのです
こんなに気持ちの悪いやつ!
そんなシマリスに
僕にプラスチックが沢山あるというのですよ

僕から言わせれば

プラスチックを駆使して
プレパラートの上で実験してきたシマリスには敵いませんね

言いたいところです

今度このシマリス
仲間を死ぬほど集めて
皆でパーマを掛けるから
僕に手伝えと言っていますが
ちょっと今考察中であります
そもそもこのシマリス
何事に対しても やる気がないので
自分で起こす イベントにもやる気がないのですから
なんでこんなシマリスを手伝わなければならないのか
更々可笑しいだけですね