大学の卒業制作で作曲したものです。
基本的にはPiano Concertoと構成は同じです。
素材と展開の方法は改められています。

この楽曲の基本的な性質は「半音のブレ。」
曲は冒頭から終止線にかけてC#からCに半音落ちるために、様々な経路を辿ってゆきます。

演奏
2008年度武蔵野音楽大学卒業コンサート内において初演。
吉田秀行, clarinet
堺みなみ, 1st violin
溝邉奈菜, 2nd violin
中田裕一, viola
関根あやか, cello
鈴木清人, piano
五十川聡, conductor